マンガ・イラスト・ゲームを面白くする異世界設定のつくり方





郵メール、もしくは、特殊封筒
での発送可能



   4月の新刊

 7/31再入荷しました
 
在庫ございます
 店頭にて販売中です


 A5判/256ページ

<以下、表紙&裏表紙より>
創作活動における「世界設定のつくり方」を解説する本です。

 創作全般において「その世界をどこまでイメージできるか(≒設定がどこまで整っているか)」は重要な要素であり,世界観の設定がしっかりしていればストーリーやキャラクターにも説得力が生まれ,作者の個性も活かすことができます。反面,練り込みが甘かったり致命的な矛盾が生じていたりすると作品全体の魅力が損なわれ,「ありがち」の域を抜け出せなくなってしまう難しい要素でもあると言えるでしょう。

 本書は創作において常に最大の人気ジャンルである「異世界」を題材に,設定として固めるべきキーポイントや破綻なくまとめるためのコツ,およびテーマに基づいた設定の詰め方を順を追って解説しました。

 本書を読めば「オリジナルの作品がつくれない」「創作のイメージがまとまらない」読者でも個性のある魅力的な作品をつくれるようになり,より創作活動を楽しむことができるでしょう。

2021年 4月28日発行
       
技術評論社 刊
 榎本秋,榎本事務所 著
 雑学/趣味本
 1680円+税
1848円(税込10%)