トレイル・オブ・クトゥルー
アーカム探偵奇譚

トレイル・オブ・クトゥルー サプリメント アーカム探偵奇譚



販売開始
在庫ございます

店頭にて販売中です

 巻末には、
「キャラクター作成サマリー」など
を付録として掲載。



大型書籍です

封筒発送可能ですが
安くはないです。
宅配便の方が安全です



   5月の新刊

 販売開始
 在庫ございます

 店頭にて販売中です

 著=ガレス・ハンラハン
 監修=安田均、森瀬繚
 翻訳・構成=盾野恒雪/トレイル・オブ・クトゥルー翻訳チーム
 発行=グループSNE
 A4変型(ソフトカバー) : 136ページ

 ※サプリメント第一弾。 シナリオになります。

≪グループSNEさんの新刊案内より:4月頭時点≫

 2020年12月に発売された『暗黒神話TRPGトレイル・オブ・クトゥルー』に早くもサプリメントが登場します! 
 タイトルは『アーカム探偵奇譚』。

 1930年代のなかばから後期にかけ、アメリカ東海岸のいくつかの都市で発生したクトゥルー神話的事件を追いかける、翻訳シナリオ集で、アメリカ刑事ドラマや推理小説の雰囲気を取り入れたキャンペーンとなっています。

 本書に収録されたシナリオは5本! そのいずれもが、H・P・ラヴクラフトをはじめとする怪奇小説家たちのクトゥルー神話作品と密接につながり、さらには、探索者たちが「原作」となる作品の中へ飛び込んでしまうことさえあるでしょう。

 誘拐された富豪の子供を追い、恐怖に遭遇する『アダム・コーネリーズ誘拐事件』。
 一人の女性の人探しで幕を開ける『レッド・フックの恐怖再び』は、ラブクラフトの短編「レッド・フックの恐怖」と密接に関わっているため、今回は特別に、森瀬繚氏の訳しおろしで、小説を付録として巻末に収録しています。
 残虐な手口は共通するものの、犠牲者の関連が見いだせない連続殺人−−その背後に見え隠れする恐るべき書物の謎を追う『禁断の書物』。

 ニューヨーク湾の沖を漂流する貨物船で何が起こったのかを調べる『難破船』、さらには植民地時代に遡るアーカムの闇を描く『キングスメン』には、共にラヴクラフト作品の続編的な要素が含まれます。

 巻末には、「キャラクター作成サマリー」などを付録として掲載。

 探索と推理に特化したガムシューシステムで楽しむのにふさわしい、雰囲気たっぷりの探偵シナリオを是非お楽しみください!


2021年 5月 1日
   
書苑新社 刊
 発行:グループSNE
 サプリメント
 3000円+税
3300円(税込10%)