ソード・ワールド2.5
ショートストーリーズ
呪いと祝福の大地



販売開始
店頭にて販売中です



郵メール、もしくは、特殊封筒
での発送可能



<初版の帯より>
10の視点で描かれる、
アルフレイムの日常


死と隣り合わせの大陸で
繰り広げられる、
ソード・ワールド2.5の世界を
より深く見せる短編集が登場!

  
 販売開始
 店頭にて販売中です

 著者 北沢慶/グループSNE
 イラスト ネコメガネ  文庫判(336ページ)

<出版社さんの解説ページより>
旅立ち、引退、死――アルフレイムに生きる人々の記録を描いた短編集!

"呪いと祝福の地アルフレイム"。魔動機文明が色濃く残る大陸に暮らす人々。旅立つ冒険者、ギルドの受付嬢、死体回収屋、鉄道員――10の視点から描かれる、ソード・ワールド2.5の世界を見せる短編集が登場!

 “呪いと祝福の地”アルフレイム大陸。北部に異界へ通じる奈落(アビス)の大穴が空き、数多の魔物や蛮族に備えるため、人々は城塞都市に身を寄せ合い暮らしている。
 そんな、死と隣り合わせの大陸に生きる人々の視点で描かれる、「2.5」初の短編集が登場!
 旅立ち、引退していく冒険者、ギルドの受付嬢、死体回収屋、鉄道員――10の視点から描かれる、ソード・ワールド2.5の世界。冒険に出るだけではない“冒険者”たちの姿をご堪能あれ。



2018年10月20日
   
KADOKAWA 刊
 北沢慶/グループSNE 著
 短編集
 760円+税
821円(税込8%)