クラヤミクライン




郵メール、もしくは、特殊封筒
での発送可能



「クラヤミクライン」とは
会話とルールで物語を体感する
「テーブルトークRPG」という
ジャンルの非電源ゲームだ。

対応PL数: 3〜5人
想定時間: 1〜3時間

プレイに必要なもの:
本書(できれば各人)
10面体1個(できれば3個以上)
筆記用具
コマ(参加人数分)
本書のシート類のコピー




≪初版の帯より≫
『クラヤミクライン』は、
複数人で会話とサイコロを
使って物語を紡いでいく
「テーブルトークRPG」という
ジャンルのゲームです。

あなたを襲う殺人鬼や怨霊、
怪物などの「怪異」の魔の手を
逃れ「生きて日常へ帰る」
ことを目指します。

怪異があなたの生命と精神を
蝕み「発狂」した場合、
あなたは超常の力に
覚醒します。

しかしその結果、
怪異を産み出す「破滅者」
堕ちてしまうことも……?

仲間と力を合わせ、
日常への帰還を
目指しましょう!


  
 再入荷しました
 店頭にて販売中です

著者 芥邉 雨龍/冒険企画局
イラスト 高木 正文
版型:B6判 ページ数: 256ページ

≪初版の帯&裏表紙より≫
狂気と破滅の
“暗闇”がキミを誘う―


日常から一歩足を踏み外した先にある“異世界”、怪異に満ちた異世界から逃れるべく、戦い、選択せよ!

短時間で濃密なプレイが楽しめる、新感覚ホラーTRPG!

<出版社さんの解説ページより>
日常から足を踏み外した、狂気と恐怖の支配する物語を体感しよう。

 平穏な日常のすぐ隣に潜む異界。まるでホラー映画や恐怖小説のように、殺人鬼、怨霊……あらゆる怪異が徘徊する異世界から、キミは逃れることができるか!?

●忍び寄る怪異と恐怖の物語。
「クラヤミクライン」はどんなゲーム?


<キミたちの命を狙う怪異たち>
古びた洋館や裏路地など、日常から一歩ズレた場所にある“異界”。そこには悪霊・怪人・化物といったあらゆる「怪異」が徘徊しています。メリーさんや口裂け女、呪われた洋館に凶悪な殺人鬼など、生者を呪い仲間に引き入れようとする怪異と異界から、生きて日常へと戻ることがキミたちの目的です。

<プレイヤーは何をする?>
ごく普通の一般人であるキミたち。少し違う点といえば、心に「傷」や「闇」を抱えていることだけ。それゆえに異世界に迷い込みやすくあります。恐怖や痛みにさらされ、異世界に侵食されて新たな怪異(破滅者)になる前に、異界の謎を問いたり怪異を打倒し生き延びるのです。いくつもの選択に迫られる中、時には仲間を犠牲にすることも——?

キミは狂うことなく、
生きて日常に戻れるか―


2018年 4月20日
  
KADOKAWA 刊
 芥邉 雨龍/冒険企画局 著
 基本ルール

 1600円+税
1728円(税込8%)