4人の容疑者
〜湯けむりに消えた謎



※封筒発送可能です。
単品注文で、振込のみ。
ご希望の方は、注文時に
「封筒発送希望」と明記してください
※内容物保証はありません
※ただ、厚さ的に郵送にしては
ちょっと高くなります。

そのため、
「クロネココンパクト」便
を、お勧めします。
      

原題 ---
発売 テンデイズゲームズ
デザイン Kristian Amundsen Ostby
人数 2〜5人
年齢 10歳以上
時間 30分
価格 2800円(税込)

※プレイするためには、
人数分のペン、鉛筆などが必要です。


品切れ。在庫なし
取り寄せになります。

     
(以下、メーカーさんの紹介文より)

タイトル: 4人の容疑者〜湯けむりに消えた謎
デザイナー:Kristian Amundsen Ostby  アートワーク:ママダ・ユースケ
プレイ時間:30分 プレイ人数:2人〜5人 対象年齢:10歳〜  2016年作品


 新進気鋭デザイナー、クリスチャン・A・オストビーによる日本オリジナルタイトルです。

 プレイヤーは、滞在していた温泉旅館で起こった殺人事件を解き明かすため、4人の容疑者のアリバイの中で、「裏付けの取れないアリバイ」を特定することを目指します。

 アリバイは、人物、時間、場所の要素が描かれたカードによって表されます。 このアリバイカードは、ゲーム開始前に1枚を除き、プレイヤーに手札として配られることになります。 この、除かれた1枚が「裏付けの取れないアリバイ」となるのです。 その「裏付けの取れないアリバイ」を特定するために、プレイヤーは、ほかのプレイヤーに対し、手札の内容に関する質問を行っていきます。 質問は、それぞれの要素が持つ「特徴」の枚数を尋ねる形で行われ、その回答から、それぞれのプレイヤーの手札状況を推測し、誰よりも早く、裏付けの取れないアリバイを特定させましょう。

 推測に基づき、的確な質問を行うことも重要ですが、より早く特定させ、ゲームに勝利するためには、従業員や長期滞在客の力を借りることも重要です。 彼らは、特殊な能力を持ち、その能力を適切なタイミングで使うことで、より多くの手札に関する情報を集めたり、また、ほかのプレイヤーに情報を与えないこともできるのです。

 こうして得た情報を、うまくメモしていくこもまた重要です。 自分ならではの方法を生み出し、情報を整理しましょう。

 「クルー」に代表される、推測と論理パズルをもとにしたゲームですが、これまでのものより締まった展開になるようになっており、また、特殊能力はゲームとしての駆け引きをもたらしてくれ、非常に完成度の高い一作になっています。

ママダ・ユースケさんによる各種アートワークも独特な雰囲気をゲームに与えてくれています。

※プレイするためには、人数分のペン、鉛筆などが必要です。
 

箱の大きさ(約) :  17.0センチ×12.8センチ×3.8センチ