MYSTERY PARTY IN THE BOX SERIES
人狼村の祝祭
THE TALE OF TWILIGHT WOLVES



      


        
英語題 The Tale of Twilight Wolves
発売 コザイク
グループSNE
デザイン 桜井理人&秋口ぎぐる
人数 7〜8人
年齢 15歳以上
時間 120分
価格 3200円+税
10%の場合: 3520円税込

販売開始
在庫ございます

店頭にて販売中です
        
人狼村の祝祭/The Tale of Twilight Wolves
  メーカー:グループSNE/コザイク   2020年 4月作品
ゲームデザイン:桜井理人&秋口ぎぐる  アートワーク:タンサン
プレイ人数:7〜8人  年齢:15歳以上  プレイ時間:120分

≪以下、メーカーさんの注文書より: 2020年 3月≫
『九頭竜館の殺人』、『何度だって青い月に火を灯した』に続く大人気パッケージ型マーダーミステリー・シリーズ第3弾!
 グループSNE とcosaic がタッグを組み、日本各地で流行しつつあるマーダーミステリーを手に取りやすいパッケージ型(箱入り)シリーズとして展開します。 マーダーミステリーはミステリー小説や人狼ゲーム、謎解きゲーム、TRPG といった数多くのジャンルの特徴を併せ持つ、とても贅沢なエンタテインメント。

人狼伝承の残る小さな村。
古から続く祝祭の翌朝、旅の商人の死体が発見された。
死体はおぞましくも殴られ、毛髪をむしられ、喉の肉をえぐられていた――あたかも人狼に襲われたかのように。
村では2か月前にも鍛冶屋の妻が同様の死体となって発見されている。


これは本当に人狼の仕業なのか? 
王都から派遣された騎士はどこに消えた? 
なぜ占い師がふたりいる……?


 村長や狩人、薬草師ら8人の思惑が絡みあう使命と欲望のマーダーミステリー。『九頭竜館の殺人』『何度だって青い月に火を灯した』に続くMystery Party in the Boxシリーズ第3弾、ついに登場です!
 
箱の大きさ(約) :  26.8センチ×19.2センチ×3.1センチ