Escape Tales: Low Memory
ローメモリー

ストーリードリブン脱出ゲーム第2弾



      


       
原題 Escape Tales: Low Memory
発売 グループSNE
Board&Dice
Lockme
デザイン Jakub Caban
Matt Dembek
Bartosz Idzikowski
人数 1〜4人
年齢 16歳以上
時間 3〜6時間
価格 3500円+税
10%の場合: 3850円税込

届きました
販売開始します
在庫ございます
店頭にて販売中です
        
ローメモリー
Escape Tales: Low Memory
  メーカー:グループSNE   2020年 8月作品  Board&Dice(2019)
デザイナー:J・キャバン、B・イジコフスキー&M・デンベック
プレイ人数:1〜4人  年齢:16歳以上  プレイ時間:3〜6時間

≪以下、メーカーさんの注文書より: 2020年 7月≫
新機軸ストーリードリブン脱出ゲーム第2弾!
『アウェイクニング』で話題を呼んだポーランド発、カード、ゲームブック、専用ウェブページの3つを用いた脱出ボードゲームの第2弾の登場です!

 全3章からなる本作の舞台は2060年――世界を支配する大企業とハッカー集団が対立するディストピア。一般市民たちは記憶再生装置に身を任せ、仮想世界を楽しんでいます。そんな中、優雅な生活をおくっていたエリザベスの身に謎めいた事件が発生します。ある日、彼女が眠りから目を覚ますと、家が荒らされており、自身の昨日の記憶を失っていたのです。事件の謎を解くためにも記憶再生装置を使い、失われた記憶を呼び覚まさなければなりません。

 マップ上で気になる場所を見つけたら、ストーリーブックの指定されたパラグラフを読みましょう。そこには「謎」が待ち受けています。専用ウェブページで謎を解き、新たな手掛かりやアイテムを得たら、次の場面へと進みます。

 前作『アウェイクニング』からさらに謎と仕掛けがボリュームアップした本作をぜひお楽しみください。
 
箱の大きさ(約) :  センチ×センチ×センチ