コヨーテ
日本語版




カードを見るな、顔を見ろ!?
         

原題 Cotote
発売 ニューゲームズオーダー
Gigamic
KIDULT GAME
デザイン Spartaco Albertarelli
人数 2〜10人
年齢 10歳以上
時間 15〜30分
価格 1800円(税込)
          

  

<以下、ニューゲームズオーダーさんの説明文より> 2015年1月
自分のカードだけがわからない!
おバカだけど考えさせるパーティ推理ゲーム登場。


 ニューゲームズオーダーのラインナップでも一番の人気を誇るカードゲーム「ファブフィブ」の作者、スパルタコ・アルベルタレッリのもう一つの代表作、「コヨーテ」が小箱サイズで日本語版として復活しました。

 自分以外のプレイヤーのカードを見て、「少なくとも」何匹のコヨーテがこの場に居るのかを推理するゲーム。
 ポイントは相手の表情を読むこと。たけど、あなたの表情も相手から見られていることを忘れずに。


 プレイヤーは各自一枚の数字カードを引き、「自分にだけ見えないように」持ちます。まず一人が、他のプレイヤーのカードの数字を頼りに、全員が持っているカードの数字の合計を推理して、それを超えないと思う数を言います。時計回りにだんだん大きい数を言っていくのです。右隣のプレイヤーの言った数が大きすぎると思ったら数ではなく「コヨーテ!」と叫んで、全員のカードを真ん中に出し、計算して答え合わせします。右隣のプレイヤーの言った数がカードの合計を超えていたらそのプレイヤーの負け、超えていなければ「コヨーテ!」を言ったプレイヤーの負けです。3 回負けたら脱落、最後に残った人の勝ちです。アートワークは、「ファブフィブ」「ナゲッツ」に続き、気鋭のデザイナー集団「タンサンファブリーク」が担当しています。

内容物:  カード56枚  説明書

箱の大きさ(約) :  12.5センチ×9.5センチ×2.7センチ


以下、海外版の時の説明分

ギガミック版   

 いわゆるインディアンポーカーなのですが、特殊な効果を持ったカードがあります。全員がまず色つきのハチマキをつけ、カードを1枚ずつ額の前に掲げます(つまり自分のカードだけ自分で確認することができません)。そして、全員のカードの合計数を予想して宣言します。次の手番プレイヤーは、それより高い数字を宣言するか、合計値がそんなに高くないと思ったら「コヨーテ!」と宣言します。「コヨーテ!」が宣言されたら、全プレイヤーのカードを全員で確認します(ここで始めて、自分のカードを確認できます)。合計値が宣言された数以上だった場合には、「コヨーテ!」と宣言したプレイヤーが、自分のハチマキにコヨーテマーカーを付けられてしまいます。合計値が宣言された数よりも少なかった場合、最後に宣言を行ったプレイヤーのハチマキにコヨーテマーカーを付けます。コヨーテマーカーを3つ付けられたプレイヤーはリタイヤして、最後残ったプレイヤーがゲームの勝者となります。
 カードのイラストやハチマキといったアイテムなど、パーティーゲーム好きな方には是非お勧めの品です。

箱の大きさ(約) :  12.6センチ×12.6センチ×12.8センチ


≪キダルト版≫