アメンラー(新版)
日本語&韓国語版




原題 Amun-Re
発売 テンデイズゲームズ
SuperMeeple
デザイン Reiner Knizia
人数 3〜5人
年齢 12歳以上
時間 90分
価格 8000円+税
8%の場合: 8640円(税込)
     
(以下、メーカーさんの紹介文より)
アメンラー(新版) Amun-Re 日本語版は、2017年1月販売
デザイナー:Reiner Knizia  メーカー:SuperMeeple(2016(オリジナルは2003年)
プレイ時間:90分 プレイ人数:3人〜5人 対象年齢:12歳〜  2016年作品

 ライナー・クニーツィア最後のゲーマーズゲームとも一部で評された戦略ゲームが、復活しました。

 プレイヤーは、エジプトを舞台に、競りによる土地獲得やピラミッドの建設により、もっとも高い得点を獲得することを目指します。

 まず、特徴的なのは「ところてん方式」と呼ばれる、押し出し式の競りでしょう。
プレイヤーは、自分が欲しい土地と、そこに設定された競り値のマスに駒を置くことで、その購入意志を明らかにします。
 より高い競り値のマスに駒が置かれた場合、それまで、その土地に置かれていた駒は押し出され、ほかの土地や競り値のマスに置き換えなければなりません。
これをすべての駒が確定するまで行うのです。

 獲得した土地からはカードや収入などのボーナスを得ることが出来ますが、もっとも大事なのは、ピラミッドを建て、得点獲得に繋げることです。

 このピラミッドの建設と得点獲得は、このゲームでもっとも特徴的なシステムにも関係しています。
 というのも、ゲームの中間決算のタイミングで、ボード上の土地獲得は一旦リセットされ、ゲーム後半では、あらためて競りが行われることになるのです。
しかし、前半に建てられたピラミッドに関しては、リセットの対象ではありません。
すなわち、開始時点とはボード上の得点バランスが大きく異なった状態で、後半戦が行われるのです。前半のゲーム展開によって、後半の展開はゲームごとにまったく違うものになるでしょう。

 エジプト文明のあまりにも長い歴史、時の流れをゲームシステムに絶妙に落とし込み、ゲームとしての面白さにも見事に繋がっているのは、見事としか言いようがありません。

 大傑作戦略ゲームとして、非常にオススメの一作です。

※日本語と韓国語の二か国語版です。
 

箱の大きさ(約) :  センチ×センチ×センチ